【簡単60秒】住み替えで今の家「売るか」「貸すか」迷ったらこれ!


住み替えは人生の一大事!ワクワクもあれば心配事も多いですよね。

今の家はやっぱり売るべき?それとも貸す方がいい?

このように悩まれる方は多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、あなたの家がいくらで売れるか一括査定してくれるサービス。
平日の夜でもネットで簡単!たったの60秒で申し込みOK。

複数の査定書を簡単に比較検討できてしまいますよ。

この記事でわかること
  • 住み替えのキホン『売却査定価格』『家賃相場』って?
  • ネットで簡単!一括査定サービスについて
  • 事例から導く、「貸す」「売る」どちらがおすすめか

「知らないと大損します・・・。300万はでかいよ。」
なんていう口コミもご紹介していますので、是非ご覧になってみて下さい!

住み替えするなら、まずは「売却価格査定」を!


家を売るべきか貸すべきか、判断の大きな指標となるのが『売却査定価格』
まずはこの査定を不動産会社にしてもらいましょう。

売却査定価格とは「この価格で売りに出せば売れそうですよ」と不動産会社がはじき出す価格のこと。
あなたの家が市場でどの位の価値があるのか、いわば『資産価値』とも言えます。

まずはこの資産価値を知ることが、住み替えの第一歩と言えるでしょう。

一方で、賃貸に出す場合の『家賃相場』というものもあります。
これは「この位の家賃設定にすれば入居者が見つかりそうですよ」という数字。

『売却査定価格』『家賃相場』を軸として収支をシミュレーションすれば、今後のお金の動きが目に見えて来ます。
優良な不動産会社であれば、商談に応じてより詳細なシミュレーションのアドバイスをもらえるようになるでしょう。

ネットでまとめて比較できる!便利な一括査定サービス

不動産会社ってよく知らないし、どこが信頼できるのか分からない。

最初はこのような心配がありますよね。
そこで断然おすすめなのが、ネットでの一括査定サービス

これなら休日に不動産会社を訪問しなくても大丈夫。
お家にいながらにして、複数の会社に一括で査定を依頼することができます。

一括査定サービスは何といっても効率的に比較検討できるのがメリット。
「比べてみたら査定価格に300万円も差が出た!」
なんてこともザラにあります。

便利なサービスなので、住み替えのご検討を始めたらすぐにでも利用をおすすめします。

簡単60秒!おすすめの一括査定サービスはこちら↓
https://www.town-life.jp/fudousan/sell.html

過去の事例から導く、住み替え成功への道


住み替え体験談や、不動産に関わって来た方の意見をピックアップしました。

住み替えで家を貸した事例

実は住み替えで家を貸した、という体験談はあまり多くありません。
つまり『貸す派』はそれだけ少数派であると言えそうです。

ただし転勤になったので家を貸したい、というニーズは多いです。
転勤で家を貸した方の体験談をご紹介します。

実は、うちのマンションの間取りは「1LDK+S」。
Sというのは、サービスルームとか納戸と言われるもので、採光条件の関係で「2LDK」表示ができないのです。(中略)
その後少しだけ家賃を下げ、検索に引っかかりやすくしました。
すると、なんてことでしょう。
家賃を下げて1~2週間で、内見に来てくれた人が「借りたい」と申し込んでくれたではありませんか。

(引用:http://oisiioranda.hatenablog.com/entry/chintai2)

ネットの検索条件を『10万円以下』にした時に引っかかるように家賃を見直し。これが功を奏したようですね❣️

家はできるだけ専門の管理会社に任せるのがおすすめです。
空き家にして放っておくのはやめといた方が良いです。
いろいろとデメリットが多いです。
しかし、管理会社に任せて賃貸に出せば、持ち家を自分の資産として活用することができます。契約方法によっては、転勤から戻ってきたときにまた自分の家に住むことも可能です。

(引用:http://tenkin-mochiie-kasu.seesaa.net/article/456556585.html)

空き家にして何年も室内を閉めっぱなしにするのは良くないですね。

次からは、既に複数の不動産を所有する大家さんの意見を取り上げます。

貸すなら少なくても5~10戸くらいは同時に貸さないと、管理の手間や空室リスクの分散が大変なのでうまくまわりません。
1戸貸したとして、その1戸が2年空室になったら・・・そんなことは普通にあります。
修理をするのも、まとめて数件の修理をすれば割安になるけど、1軒の家だけだとすごく高くつきますよ。。。

(引用:http://sumikaeru.jugem.jp/?eid=29)

1戸だけの賃貸だと色々なデメリットがあり、割に合わない面があるようです。

次に不動産業を営んでいる方のご意見です。

やはり、固定の収入が入ってくるというのは非常にありがたいもので、また大家さんってなんか良いですよね。
将来子供が家を建てる時のために土地を取っておくことも出来ますし。
デメリットとしては、ローンを組んでいるかどうかにもよって負担は違いますが、基本的に物件の税金や修繕費は、空室かどうかには関係なく必要となってきます。
また、入居者さんが入ったら入ったで色々なトラブルが起こることがあります。

(引用:http://meguru1.blog.fc2.com/blog-entry-10.html?sp)

将来子供のために資産を取っておく、という考え方もありましたね!

いずれにしても資産を持っている以上、固定資産税が必ずかかるのは事実。
メンテナンス代もばかになりません。

「いかに入居者を切らさないか」
常に知恵を絞っていく必要がありそうです。

住み替えで家を売った事例

では、今度は住み替えで家を売った事例です。

始めは超~~強気な価格に設定してしまったため、3か月、内覧全くナシでした(^^;)
そして、値下げしてからチラホラ内覧が入ってきて、それでもなかなか、ほしいと言ってくださる方がいなかった。
今年の8月に、今の不動産会社さんと出会い、信頼してお任せするようになってから、やはり運命の流れが変わったんだと思います。
とにかく今は、売れた安堵感と、住宅ローン+家賃の二重払いから解放される喜びでいっぱいです。

(引用:https://ameblo.jp/ieuruze/entry-12220624931.html?frm=theme)

やはり力のある不動産会社との出会いは大きいようですね。

旧住居の住宅ローンは2,700万円ほど残っていたので、査定通りに売却できても、200万円ほど残債が発生してしまうことが分かったのです。
住み替えできるのかと、最初は困惑しましたね。
そんな私に担当の方が「住み替えローン」を利用すれば、スムーズな住み替えができます、という提案をしてくれたのです。(中略)
新居に引っ越したのは大正解。職場までたった30分なので、転勤前よりもプライベートの時間を確保できるようになりました。家族で一緒に夕飯を食べる機会も増え、家族も円満になっています。

(引用:https://www.ohkuraya.co.jp/Blog/detail/id/490)

住み替えにあたって住宅ローン(残債)は悩みの種。
住み替えローン!これは救世主みたいな存在ですね。

一度自分自身もネットなどを利用して新築と中古も含めて周辺の家がどのくらいの値段で売られているかの相場を確認した上で、話を進めると流されずにすみます。
納得が行かない場合は査定後一度持ち帰ってから仲介契約を依頼するか考えましょう。
今はネットで一括査定をしてくれるサービスもあるのでそういった物を利用して相場を認識するのもありだと思います。
ホント、知らないと大損します・・・。
300万はでかいよ

(引用:http://sumikae-kaikae.com/2017/08/29/家を売るときの流れ/)

最初から一か所にお任せしてしまうのではなく、自分でも色々と情報を当たってみる。その方がより良い方向へ進んでいきそうですね。

結局、「売るか」「貸すか」どっちが良い?


ここまで見てきた事例から、沢山の教訓が得られましたのでまとめておきましょう。

貸す事例から得られた教訓

  • ネット検索する人の心理を考えて条件を練るべし
  • 転勤になったら、空き家にするよりは貸して資産活用した方が良い
  • 一戸だけの賃貸になるので、空室リスクの分散ができない
  • 空室かどうかには関係なく、税金や修繕費は常にかかる
  • 入居者による予想だにしないトラブルが起きる可能性も
  • 土地をとっておけば将来子供が使うという選択肢ができる

家を貸すという選択肢を選ばれるのは、転勤になった方が多いようです。

転勤の場合は家に不満があるわけではありませんから、また戻ってくることができます。
売ってしまったら、戻ってくる『拠点』が無くなってしまいますからね!

それから転勤の時点で住宅ローンが大幅に残っている場合、仮に売っても残債が残ってしまう、『売るに売れない』という事情も考えれらます。

そのほか一般的な賃貸経営として考えた場合、一戸だけだと空室リスクが大きいのが気になりますね。
ですがきちんと入居が続けば安定収入が見込めますし、将来の土地活用によっては大きな利益を生み出してくれる可能性だってあります。

つまり家を貸すということは『事業』=リスクもリターンもある、ということ。
まず家の立地はどうなのか、見栄えはどうか、など様々な角度で検討する必要があります。

売る事例から得られた教訓

  • あまり強気な価格で売り出すと内覧すら来ない
  • どこの不動産会社に任せるか、が運命の分かれ目
  • 売っても住宅ローンが残ってしまう方には住み替えローンがある
  • 不動産サイトで相場感について自分の目で確かめてみることも大切
  • 会社選びを間違えると300万もの大損をする可能性も!

家を売るという選択肢は、住み替えの王道パターン。

ポイントとしては、
信頼のおける不動産会社に出会うこと。
複数の査定価格からよく検討すること、です。

また住み替えローンとは、「家を売却しても払いきれなかった残債」と「新しい家の購入費用」をまとめたローンのこと。
残債が心配な方は一度チェックしておくと良さそうですね。

結局、どちらがおすすめか?


結局、「貸す」「売る」どちらがおすすめか。
答えは、転勤で戻ってくるなど特別な事情のない限り、「売る」方がおすすめです。

売る方がシンプルにすっきりしていますし、何よりまとまったお金が入るのが大きいです。
貸す方はどうしてもリスクがありますし、一言で言うと気苦労が増えてしまいます。

いやいや、うちはすごく立地が良いから賃貸の方が逆に良くない?

先祖代々の土地だから簡単には売らないよ!だから貸す!

確かに、実際のところはこのようにケースバイケースですよね。
そこでおすすめなのが冒頭でもご紹介した、
ネットの一括査定サービス。

最初から売るか貸すかを絞ってしまうのではなく、査定を通じて色々な不動産会社と知り合ってみてはいかがでしょう
ネット検索だけでは知り得ない、地元ならではの情報が得られるかもしれませんよ。

商談が進めばより詳しいシミュレーションもしてもらえますので、よくよく検討されてから決めるでも遅くはありません。

ネットで一括査定!『タウンライフ不動産売買・売却』


『タウンライフ不動産売買・売却』とは、ネットで簡単60秒!あなたの家がいくらで売れるか一括査定してくれるサービスです。

タウンライフ不動産売買がおすすめな理由

タウンライフ不動産売買がおすすめな理由
  • 忙しくても効率よく比較検討できる
  • 完全無料
  • わずか60秒のカンタン入力
  • 審査をクリアした不動産会社が全国300社以上
  • 不動産売却お役立ち冊子PDF版プレゼント
  • 暗号化通信SSLで個人情報ガード

ところで最初に不動産会社に足を踏み入れる時、少し勇気が入りませんか。
普段あまり馴染みがありませんし、何から話せば良いのか、何か持っていった方が良いのか、色々と考えてしまうのではないでしょうか。

えええい!ネットでまとめてやってしまえ!

それが、正解です(笑)。

実は一口に不動産屋といっても中身は色々
売買に強いところ、賃貸に強いところ。
組織で動くところもあれば、実質社長が一人で回しているところも。

「なんとなく入ってはみたけど、話が噛み合わなくて撃沈」なんてこともあり得ます。
であれば最初はいっそのことネットで申し込んでしまった方が得策なのです。

でも一括査定ってほかのサイトもあるでしょ?

はい、あります。
複数のサイトから一括査定を申し込んで頂いても全く問題ありません

最初のうちは幅広く色々な不動産会社を当たってみることも大切なんです。

例えばこちら。
高く、早く、安心な不動産売却『ミライアス』
https://sell.miraias.co.jp/
正確にはタウンライフのような一括査定サービスではなく、新しいスタイルで売却を手掛ける不動産会社です。(対応エリア:東京・神奈川・埼玉・千葉)

  • スタッフ全員が宅地建物取引士
  • 平均33日のスピード成約の実績

そして360度VR(ヴァーチャルリアリティ)で内見できるのだとか♪
これはちょっと見てみたいですね!

ミライアスもネットから簡単60秒で無料査定の申し込みができます。
他ならない大切な資産のことですから、今できることは最大限やっておきましょう!

ミライアスの公式サイトを見てみる↓
https://sell.miraias.co.jp/

辛口?タウンライフ不動産売買の口コミ

ではタウンライフ不動産売買に戻って、口コミを何点か見てみましょう。

あれ?鑑定結果はメールだけ???
タウンライフ不動産売買のイメージ図のせいで初めて査定する人は「きちんと査定してもらえなかった!」といったイメージを持つ方もいるのではないでしょうか・・・。

(引用:https://2do-3.com/3622/)

現在はお届け方法が『メール』『郵送』『FAX』からお選びいただけますと明記されており、好きな方法が選べるようですよ。

タウンライフの不動産一括査定サイトを使って売却することにしたのですが、各業者によって査定金額が異なり、驚きました。
タウンライフは売却後にも新しい住まいを探すサポートもしていただき、アフターケアに関しても満足です。

査定から引っ越し先の新居まで準備してくれる不動産会社も見つかりましたが、一社が情報提供してくれたからといって、果たしてそれが最適なチョイスなのかわからず、結局決めきれませんでした。
そんなときにであったのがタウンライフ不動産売買で、第三者の立場から物件を紹介してくれるので、非常に助かりましたし、信頼性もバツグンでした。
新居も査定額も、比較することでどこがお得かカンタンにわかって結果は大成功でしたよ!

(引用:http://www.fudousan-plaza.com/site/town-life/)

やはり査定額は会社によってまちまち。これは比較してみないと分からないですよね!

以上タウンライフ不動産売買には辛口評価も見られました。
最初にもらえる査定結果は簡易的なものである可能性は否めませんね。

ですが最初の取っかかりとしてはそれでも十分。
それよりもまずチェックすべきは、信頼できそうな会社(担当者)かどうか

その後も疑問点を投げかけるなどのやりとりを続け、徐々に対応の良さそうな会社に絞り込んでいくと良いです。
こちらの真剣味が伝わればきっと相手も答えてくれるはずですよ。

【無料でカンタン60秒!】タウンライフ不動産売買の利用手順

本当に60秒で申し込みできるの?

確かに60秒というのは最速です(笑)。
既に不動産情報が頭に入っていると仮定して、チャッチャッと入力していきましょう!

まずは公式サイトへ
https://www.town-life.jp/fudousan/sell.html

トップページ上部にすぐこのような申し込みコーナーが出てきます。

ご覧の通り、最初の入力項目は、

  • 物件種別
  • 所在地(町名まで)

この2点だけ!
フリーダイヤルも用意されているので、パソコンが苦手でも安心ですね。

次のページではいよいよ本格的な入力です。

■物件情報とご要望

■住所氏名などのお客様情報

さらに下にスクロールしていくと、対応可能な会社が表示されています。
アプローチしたいところにチェックを入れて送信!

これだけでまずは完了、簡単でしたね!

後で営業の電話がジャンジャンかかって来ちゃうんじゃないの?

確かに電話番号は入力必須項目になっていますので、「本当に要望に寄り添った提案をしたい」がために電話がかかってくることはあるようです。
まだ電話で話すのはちょっと…という方は『ご連絡について』欄のところに『電話はお断りします』と記載しておくようにしましょう。

まとめ


今回は『簡単60秒!住み替えで今の家「売るか」「貸すか」迷ったらこれ!』と題して、タウンライフ不動産売買についてご紹介してきました。

結果的には低リスクな「売る」が王道ではありますが、それが全員に当てはまるとも限りません。
繰り返しにはなりますが、まずは査定を通じて色々な不動産会社から情報を引き出してみるのがおすすめです。

住み替えは人生の一大事。
今できることを最大限やれば、必ずや成功を掴みとることができるでしょう!

厳選トクトク通販ショップ編集部
タイトルとURLをコピーしました